1万5000円以下で選ぶ コスパ抜群 おすすめ SIMフリースマホ 4選 選び方も細かく解説!

スマホは年々、価格が高くなっていて最新機種は手を出しにくいものです

今回は1万5000以下という低価格で新品で購入できる最新スマートフォンと選び方を紹介していきます
1万円以下で選ぶ コスパ抜群 おすすめ SIMフリースマホ 3選

選び方

LTE

この価格帯のスマートフォンでは高速通信可能なLTEに対応していない機種も多いです

LTEに対応していないとYoutubeの再生は厳しく、WEBサイトも読み込みに時間がかかるので快適にネットができません

できるだけLTEに対応したスマートフォンを選びましょう

今回、紹介するスマートフォンは全てLTE対応のものから選んでいます

メーカー

低価格帯のスマホメーカーは様々なものが存在しており、品質的に信頼できるメーカーを選ぶ必要があります

下記に信頼できるメーカーをいくつか挙げてみました

信頼できるメーカー
  • UMIDIGI
  • Ulefone
  • OUKITEL
  • Huawei

1万5000円以下 おすすめ SIMフリースマホ ランキング

それでは1万5000円以下で買えるスマホをおすすめメーカー順に紹介していきます

『UMIDIGI』

UMIDIGI A5 Pro

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
Amazon
ポイント
  • 美しい背面ガラス!
  • 『1080×2280』高解像度ディスプレイ!
  • 『4GB』の大容量RAM!
  • 『SONY製』・『1600万画素』の高画質カメラ!
Android 9.0を搭載した『UMIDIGI』のスマートフォンです

背面がガラスでとても美しいです

ディスプレイは1080×2280とiPhone8よりも高い解像度を誇り高画質で動画鑑賞などを楽しめます

CPUはHelio P23、RAMは4GBを搭載しているのでYoutubeやブラウジングサクサク快適に動作します

モンストやパズドラなどの軽めのゲームもカクつかずに快適にプレイできます

PUBG MOBILEなどの重めのゲームは設定を最低まで下げてギリギリ遊べるといった感じです

カメラは外カメラが1600万画素+800万画素+500万画素のトリプルカメラと、内カメラが1600万画素と高性能なので風景や自撮りを綺麗に撮ることができます

外カメラはSONY製のカメラを使っているようで夜間の撮影もこの価格帯にしてはかなり鮮明に撮影できます

ストレージは32GBで十分な容量で最大256GBのMicroSDに対応しているのでストレージ面で困ることはないでしょう

LTE/3Gはドコモ・ソフトバンクでプラチナバンド対応で安定して繋がります。auは公式には非対応となっていますが使えたという報告もあります
(au系のSIMで使う方は自己責任でお願いします)

かなり性能が良くコスパに優れたスマートフォンとなっています

CPU:Helio P23
RAM:4GB
ストレージ:32GB
アウトカメラ:
インカメラ:
1600万画素+800万画素+500万画素
1600万画素
ディスプレイ解像度:
インチ:
1080x2280
6.3インチ
バッテリー容量:4150mAh
Wi-Fi:
Bluetooth:
GPS:
FMラジオ:
a/b/g/n
4.2
対応
対応
スロット:Nano SIMx2/Micro SD
ドコモ回線:
ソフトバンク回線:
au回線:
LTE/3G対応 ◎
LTE/3G対応 ◎
LTE/3G非対応 ×
(auは公式には非対応ですが使えたという報告あり)
OS:Android 9.0

UMIDIGI Power

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
Amazon
ポイント
  • 『5150mAh』の大容量バッテリー!
  • 『64GB』の大容量ストレージ!
  • 『1080×2340』の高解像度ディスプレイ!
  • 『DSDV』で同時待ち受け!

Android 9.0を搭載した『UMIDIGI』のスマートフォンです

大容量バッテリーを搭載したモデルでその他のスペックも『UMIDIGI A5 Pro』の上位モデルとなっています

ディスプレイ解像度は1080×2340でこちらもiPhone8よりも高画質なものになっています

CPUはHelio P35、RAMは4GBを搭載しておりYoutubeやブラウジングを快適に行えます

軽めのゲームは余裕で動作しPUBG MOBILEなどの重めのゲームは最低設定でカクつきながらギリギリ遊べるかなといった感じです

カメラは外カメラが1600万画素+500万画素、内カメラが1600万画素で高画質での撮影が可能です

ストレージは64GBと大容量になっていてMicroSDスロットも備えているのでヘビーユーザーでも満足できる容量です

LTE/3Gはドコモ・ソフトバンクでプラチナバンド対応で安定して繋がります。auは公式には非対応となっていますが使えたという報告もあります
(au系のSIMで使う方は自己責任でお願いします)

また、DSDV対応で2回線の同時待ち受けができます

『UMIDIGI A5 Pro』と比べて1000円高いですがバッテリー容量やCPU性能が高くなっていてこちらもかなりコスパに優れた機種になっています

CPU:Helio P35
RAM:4GB
ストレージ:64GB
アウトカメラ:
インカメラ:
1600万画素+500万画素
1600万画素
ディスプレイ解像度:
インチ:
1080x2340
6.3インチ
バッテリー容量:5150mAh
Wi-Fi:
Bluetooth:
GPS:
FMラジオ:
a/b/g/n
4.2
対応
対応
スロット:Nano SIMx2/Micro SD
(MicroSD使用時はNanoSIMは1枚のみ使用可能)
ドコモ回線:
ソフトバンク回線:
au回線:
LTE/3G対応 ◎
LTE/3G対応 ◎
LTE/3G非対応 ×
(auは公式には非対応ですが使えたという報告あり)
OS:Android 9.0

2.『Ulefone』

Ulefone P6000 Plus

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
Amazon
ポイント
  • 『6350mAh』の大容量バッテリー!

Android 9.0を搭載した『Ulefone』のスマートフォンです

6350mAhの大容量バッテリーを搭載していて音楽を48時間、動画を12時間連続で視聴できます

CPUはMT6739、RAMは3GBを搭載しています

パズドラやモンストなどの軽めのゲームは快適に遊べますがPUBG MOBILEなど重いゲームはカクついてプレイするのには厳しいです

カメラは外カメラが1300万画素+500万画素、内カメラが500万画素で自撮りをメインでする方には厳しいと思います

ストレージは32GBでMicroSDスロットもあるのでストレージ面で困ることはないでしょう

LTE/3Gはソフトバンクでプラチナバンド対応、ドコモはプラチナバンド非対応、auは対応バンドが少ないのでドコモ・au系のSIMを使う方は注意が必要です

この価格帯ではトップクラスのバッテリー容量なのでモバイルバッテリーいらずで長時間使用できるのでおすすめです

CPU:MT6739
RAM:3GB
ストレージ:32GB
アウトカメラ:
インカメラ:
1300万画素+500万画素
500万画素
ディスプレイ解像度:
インチ:
720x1440
6.0インチ
バッテリー容量:6350mAh
Wi-Fi:
Bluetooth:
GPS:
FMラジオ:
a/b/g/n
4.0
対応
対応
スロット:Nano SIM x2/Micro SD
(MicroSD使用時はNanoSIMは1枚のみ使用可能)
ドコモ回線:
ソフトバンク回線:
au回線:
LTE/3G対応 ◯
LTE/3G対応 ◎
LTE対応/3G非対応 △
OS:Android 9.0

3.『OUKITEL』

OUKITEL C15 PRO

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
Amazon
ポイント
  • LTE対応にしては安い!

Android 9.0を搭載した『OUKITEL』のスマートフォンです

1万円強と安めな価格になっています

CPUはMT6761、RAMは2GBを搭載しています。CPUはこの価格帯では標準的ですがRAMが少ないです

ゲーム性能は軽めのゲームなら快適、重めのゲームは最低設定でカクカクなのでプレイするのには厳しいでしょう

カメラは外カメラが800万画素+200万画素、内カメラが500万画素で外/内カメラどちらも画質はよくないです

ストレージは16GBと少ないですがMicroSDに対応しているので補えるでしょう

LTE/3Gはソフトバンクがプラチナバンド対応、ドコモはプラチナバンド非対応、auは対応バンド数が少ないのでドコモ・au系のSIMを使う方は注意が必要です

予算に余裕があるなら『UMIDIGI』のものをおすすめしますが1万強といった価格でLTEに対応したスマホは少なく、できるだけ低予算でLTE対応端末が欲しいって方にはおすすめです

CPU:MT6761
RAM:2GB
ストレージ:16GB
アウトカメラ:
インカメラ:
800万画素+200万画素
500万画素
ディスプレイ解像度:
インチ:
720x1520
6.0インチ
バッテリー容量:3200mAh
Wi-Fi:
Bluetooth:
GPS:
b/g/n
5.0
対応
スロット:Nano SIM x2/Micro SD
ドコモ回線:
ソフトバンク回線:
au回線:
LTE/3G対応 ◯
LTE/3G対応 ◎
LTE対応/3G非対応 △
OS:Android 9.0

まとめ

こんな感じで紹介してみました

今回紹介したスマホの中では『UMIDIGI A5 Pro』と『UMIDIGI Power』の2つがコスパ・性能ともに頭一つ抜けています

通常の使い方をする方であれば『UMIDIGI』、バッテリーができるだけ多い方がいいなら『Ulefone P6000 Plus』、できるだけ安い方がいいなら『OUKITEL C15 PRO』をおすすめします

2万円以下 性能・コスパで選ぶ おすすめ SIMフリースマホ 4選 選び方も細かく解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です