自転車をLEDで光らせよう!電飾のやり方と必要なものを紹介!

私は中高生時代LEDテープで電飾していたことがありました

これから自転車を電飾する方に向けてやり方と必要なものを2タイプ紹介していきます

(電飾してた自転車が盗まれちゃったんで画像はありません)

お手軽にやりたい方向け

まずは簡単にできる方法を紹介します

必要なもの

LEDテープ

30cmまでのLEDテープで好きな色を選びましょう

バッテリー

エーモン LED用電源ボックス

単三電池2本で12VのLEDを使える電池ボックスです

最大電流が120mAなので30cmまでのLEDテープを光らせることが可能です

バッグ(バッテリー入れ)

トップチューブバッグ

トップチューブバッグです

電池ボックスを入れるのに使います

やり方

やり方はとても簡単です

手順
1.LEDテープをダウンチューブ下に貼ります

2.LEDテープと電池ボックスを接続

3.光らせたいときに電池ボックスでON/OFFするだけ

イメージとしてはこんな感じです

本格的に光らせたい方向け

必要なもの

LEDテープ

Awopee RGB LEDテープライト


Amazon

バッテリー どちらか

ELPA 電池ボックス 単3形*8本用 UM-380NH
ELPA 電池ボックス 単3形*10本用 UM-300NH

8本入りと10本入りの電池ボックスです

アルカリ電池を使用する方は8本タイプ、充電式電池を使用する方は10本タイプを選びましょう

バッテリスナップ

スイッチサイエンス 電池スナップDCプラグアダプタ


Amazon

電池ボックスとLEDテープを接続するための電池スナップです

分岐ケーブル

LitaElek 分岐接続ケーブル
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
Amazon

LEDテープの分岐ケーブルです

今回は2分岐タイプと3分岐タイプの装着イメージを紹介します

LEDテープコネクタ

Kabenjee LEDテープコネクタ


Amazon

ワンタッチで着脱できるコネクタです

はんだ付けが面倒なのでこちらを選択しました

はんだ付けでやる方は不要です

バッグ(バッテリー入れ)

トップチューブバッグ

やり方

手順
1.LEDテープをダウンチューブの長さに合わせて1つ、チェーンステーの長さに合わせて2つ切断

2.LEDテープ同士を分岐ケーブルとコネクタを使って接続して点灯テストして問題なかったら分岐ケーブルを外す

3.LEDテープをダウンチューブ下とチェーンステー下に貼る

4.LEDテープ同士を分岐ケーブルとコネクタで接続

5.LEDテープと電池ボックスを接続

6.完成

イメージとしてはこんな感じです

リモコンでON/OFF、色やパターンを変更できます

まとめ

当時の画像が残ってなかったのでわかりにくい説明になってしまいました

お役に立てればうれしいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です